脱毛の副作用ってあるの?

脱毛をする人が最近では増えたせいか、クリニックでも医療レーザー脱毛の価格が安くなりつつあります。そのため、比較的安く医療レーザー脱毛が受けられるようになりました。しかし、医療レーザー脱毛は、副作用があることも認識しておかなくてはなりません。

 

気になる脱毛の副作用には、炎症、火傷、色素沈着などがあります。脱毛での炎症や火傷は、数週~数ヶ月で治ると言われています。しかし、瘢痕や色素沈着が残る可能性はあるので、十分に気をつけなければなりません。また、レーザー脱毛は毛根だけにダメージを与え、永久脱毛を目指していきますが、毛根で発生した熱は周囲にも影響するので、放っておくと、周囲組織に熱障害や火傷を起こすことになります。そのため、医療レーザー脱毛では、氷で冷やしながら施術するのですが、レーザーの出力をある程度上げなければ毛根は焼けず、逆に高すぎると周囲にダメージを及ぼします。そこら辺の加減を間違うと、障害が残る危険性があります。

 

経験の豊富なクリニックなら、そうした副作用は少ないかもしれませんが、毛穴周囲の色素沈着は、高い頻度で起こります。愛知県での脱毛もレーザー脱毛光脱毛などの脱毛が出来るサロンがありますが、当サイトでは比較的リーズナブルで通いやすい愛知県の脱毛サロンを紹介しています。

 

愛知県で脱毛できるおすすめサロン

 

 

未成年の脱毛の副作用はあるのか?

脱毛をする場合、個人差はありますが、ヤケドなどによる肌へのトラブルや色素沈着などのトラブルが絶対にないとは言えません。これはもちろん、安全と言われるエステサロン、美容外科、医療機関でも同じことが言えます。特に、うちではトラブルが全くなく、副作用など一切ない、という美容外科やエステサロンほど危ないのです。良心的な美容外科やエステサロンなら、カウンセリングの段階で副作用のことをきちんと説明してくれるものです。永久脱毛をする場合は、副作用などの心配事は事前に解決しておくことです。

 

では、未成年の脱毛は何歳から平気なのでしょう。成長期は平均して16歳で止まると言われています。つまり、16歳未満の人が脱毛をすると、体毛の成長が整っていないので、結果的にまばらになってしまうという副作用が懸念されます。基本的に未成年の脱毛の場合、親の承諾書が必要になります。もちろん、成人以上でも学生なら親権者の同意書が必要になる場合があります。未成年で脱毛をする時は、副作用のことをよく聞き、しっかりと確認しておくことです。